自分自身の真実に生きること

自分自身の真実に生きることは、意外と難しいことです。 何故なら、人は、自分のことを、本当に深くは知らないからです。 自分が何者であるか、 何が好きで、何が嫌いか、 好きなふりをしているけれど、本当は嫌いなことは何か、 嫌いなふりをしているけれど…

経験と選択の順序

自分の選択が変わるのは、 変化するに十分な経験を積んだ後であり、 変化を強いられても、変えられるものではありません。 変化を強いられると、かえって、怒りがわくものです。 エネルギー、内側が変わって初めて、人生の選択を変えることができます。 逆で…

自分の内側の問題

どんなに高い光の情報が与えられても、 自分の中に隠れた問題があると、 ゆがんだ解釈になってしまいます。 みな、今回の人生や、過去の転生においての、 感情的ブロックが、 筋肉や骨に記憶の痛みが、 隠れているから、 それを、消化、浄化しないと、 違う…

実際の試験

このように書いていると、 「本当にそのことをわかっているか?」というお試し、試験が来ます。 こうやって書くことは、まず、自分が体験させられます。 そうでないと、嘘になりますから。 「自分の受け取りたくないことを受け取るときの、体の抵抗」も、 改…

個人レベルでできること

私たち個人にとって、自分が知る世界、見える世界が、自分にとっての世界です。 私たち自身が世界であるならば、 「自分の中の真実を掘り下げて、 自分自身の真実の姿を見つめ、 自分の闇をも含め、光に換えていくことが、 この世界の構造を変えること。」 …

自分の真実とは

嘘の巨大さに、無力感や怒りを覚えたことも、あります。 一方で、感じたことは、 「自分が変えられるのは自分だけ」 だということです。 つい、自分は変わることなく、 周囲が、世界が変わることを期待してしまいますが、 そうなることはありません。 自分自…

何が嘘なのか 

自分の視点が変わり、視野が広がるにつれて 私が驚いたのは、これまで信じてきた世界の嘘の多さでした。 親の言うことに子は常に従うべきである とか 親の望んだ職業に子は就いた方が幸せだ とか 映画やTVは時には洗脳装置として機能している とか 病院に行…

取引のバランス

人と人との間でも、 人と神との間でも 神と神との間でも やりとりは、プラスマイナスゼロになるようになっています。 都合の良い部分だけ受け取って、 都合の悪い部分は受け取らない という訳にはいきません。 カッサンドラは、 アポロンの愛を受け入れるこ…

自分が愛した存在をどこまで愛するか

カッサンドラは、 アポロンがいずれ去って行くと予知したときも、 アポロンを愛してみればよかったのでは とも、思います。 他人だからそう言えるのかもしれないけれど。 神と愛し合った後に、別れたとしても、 何か形にならないものが残ることもあるし。 未…

先んじすぎる予言

カッサンドラの預言がどれほど正確であったとしても、 誰もそれを信じない状況 では意味がないのではないか とも、思いました。 (この場合はアポロンの力でそうなっているのですが) ほんの少し先の状況については、人は知りたがるけれど、 50年、100年先の…

神との約束

パルテノン神殿 神との約束は、 必ず実行しなくてはいけません。 カッサンドラは、 予知能力というプレゼントは受け取ったのに、 愛を受け入れることを、恐れ、 アポロンを愛するという約束をくつがえしました。 約束を守らなかった罰を受け取り、 その後の…

ギリシャ神話のひとつの話

トロイの遺跡 以前読んで、気になっていたので、あらすじから書いてみます。 カッサンドラは、トロイアの王女で 兄弟に 世継ぎの王子ヘクトル 美青年で弓の名手パリス がいます。 美しく成長したカッサンドラは、太陽神アポロンに愛されます。 アポロンは、…

正しいエイジングケア

子育てに忙しく、肌の手入れもほぼしない状態で、20年が過ぎました。 ある日、鏡を見たら、「誰これ!」とびっくりしました。 もともと、ニキビとニキビ跡のクレーターに悩んでいました。 過剰なメイクをしなければ、肌荒れもしないのでは? といいかげんな…

永遠の桃花~三千三世~

2017年に中国で制作されたドラマです。 ケーブルテレビで視聴しました。 全部で58話あるので、長期戦でした。 ツボとなるポイントはたくさんあるのですが、 神仙の世界では~ 霊的ヒエラルキーは絶対 地仙と上仙だったら、上仙が上で、 試練を経て、上仙にな…

見たくないモノ

自分が見たくないことは何か? 自分の中で印象に残っている経験や、 自分が見ることを避けてきたことは何か、 を考えてみてください。 それを書き出してみてください。 誰にも見せる必要はありません。 ただ書いて、その意味について、考えてみてください。 …