身体のケア

自分自身のエネルギー状態が良くなってくるにつれ、 身体を大切に保つことが重要になります。 今は、 「感染症の予防のために、なるべく人との距離を保ちましょう」 と言われるようになりました。 そのように日々努力していても、時には、人と接触することが…

敏感になる必要性

このほかにも、たくさんのエネルギーの盗みのバリエーションがあります。 今後は、自分の人生を存分に生きるためには、 自分のエネルギーの出入りに、注意していく必要があります。 他の人の「負の感情」を代わりに背負って、解決しようとしていないか? 自…

エネルギーの出入り

AさんとBさんとの会話で、 AさんがBさんに(無意識で)罪悪感を与えると、 そして、Bさんが与えられた罪悪感に反応し、 そのことへ対策をとらないと、 Bさんのエネルギーを、Aさんに引き寄せることが起きます。 このことも、見方によっては、エネルギーの盗…

固有のエネルギー

同じようなことが、エネルギーにも言えると思います。 ひとりひとりには、それぞれ固有のエネルギーがあります。 そしてそれには、そうなる理由があります。 その人がこれまで歩いてきた人生のあり方や、 過去の転生で経験したことが、 反映されています。

基本的マナーとして

子どもの頃から、 「お金を盗んではいけません。」 と教わります。 どうしてなのかを考えてみると、 そのお金は、本来その人の元に来たものではなく、 他の人のところに縁あってきたもの。 それを、無理矢理盗んでも、 無理があるし、 「悪銭身につかず」 と…

ダイヤモンドの原石

皆、自分自身の中に、深く隠してきた、見ることを先送りしてきた真実を隠し持っています。 そこに降りていき、地下の意識の神殿に柱を立てて初めて、 より上の世界の情報に触れることができるようになります。 深く深く柱を立てていないと、上の方が不安定に…

私の中のもう一人の自分

「私の中のもう一人の自分」 は、 いつでも 私の感じること、考えること、行いすべてを 見ていると、感じました。 その存在に対して、嘘をつくことはできないと思いました。 その存在のことを、私は、いつからか、常に意識して暮らすようになります。 何から…

分析

当時の私は「統合や分離」といった概念について知りませんでした。 だから、分離を追求して、その日をそれなりに一生懸命生きていました。 恋愛感情は、多くの場合、これまで未経験の新しい自分を、連れてきます。 私は、嫉妬にずっと苦しんできました。 そ…

反省と考察

一番驚いたのは、 「実際に私がそのような失礼な事を、Aさんに対してしていたこと。」 ですが、後になってから、他にも、いろいろなことをこの件から気が付きました。 1、私には、Aさんに対して、心の底(潜在意識)で嫉妬があり、 2、嫉妬の感情が、彼女…

私自身の痛い記憶

ずいぶん昔のことですが、私には当時つきあっていた異性がいました。 正式に仲間内では、つきあっている二人と認識されていたと思います。 そして当時、私は私なりに、彼のことが好きでした。 そして、彼は、いまひとつフラフラしたところのある人でした。 …

自分自身の掘り下げ

より高いレベル、世界、宇宙の情報に触れたいと思ったら、 まず、自分自身の真実に深く降りていく必要があります。 自分を深く掘り下げた分だけ、高みに上る資格が与えられます。 そして誰でもそうですが、 自分自身の良いことも悪いことも含めて、 深く真実…

経験を積んだ人にたずねる意味

多次元の世界について、話を聞くときは、 自分より先を歩き、 広い世界を知っていると思う人に、 聞いた方がよいです。 人は自分が歩いた経験の中でしか、語ることはできません。 より広い視野を持つ(人でない)多次元存在に 情報を教えてもらいながら、歩…

天使について

「天使です。」 と言って語り掛けてくる存在もいますが、 話の内容をよくよく感じて、 天使かそうでないか 光か闇かを 判断してください。 闇でしかない提案をしてくるのに、「天使です。」と言っていたら 、 話を聞く必要はありません。 どんなに魅力的な存…

支配について

どんな手法であれ、人を支配しようとするのは、進化に逆行する行為です。 それは、光ではありません。 魅力的な姿、言葉、提案で人を引き寄せる存在の中にも、 根底では誰かを支配したい部分や、未浄化な感情を隠していることもあります。 自分の意志はどこ…

優秀な人や魅力的な人

3次元で目立って成功していて、優秀で、パワーもあって、 でも、それは誰かの借り物だったり、何かと引き換えに得た成功だったりすることもあります。 どうやって見分けるか 言葉だけでなく、注意深く話の内容を調べる必要があります。 どこかで光でないもの…

外見と本当のこととの違い

よく映画やドラマでは、象徴として、善は白い衣装を、悪は黒い衣装を身に着けています。 映画やドラマの中では、わかりやすくてよいのですが、実際の世界ではそうではなくて、わかりにくいことが多いです。 きれいな白い衣装をきて、 良い人ですという顔をし…

心が軽くなることの効能

決して甘くない光との歩みを、何故求めるのだろう? と思ったので、考察してみます。 いろいろなトラブルや悩み事が起きたときに、 助けを依頼できるから。 その依頼に、いずれは答えが来るから。 何もしないで放置しているよりは早く答えがくるから。 方向…

光と闇の違い

光と闇の違いでわかりやすいものをあげます。 闇は親切で、わかりやすいです。 今の自分が変わらずに、周囲の世界が変わる世界を提案してくれます。 理解しやすい言葉が与えられて、それはまるで、光の言葉のようです。 同時に、闇に対してなんらかの対価を…

楽しみを自分にあたえること

正直に書くと、身も蓋もないのですが、 光と共に歩くことは、楽しいことばかりではありません。 自分の浄化できていない部分を見つめて、 消化していくことの連続だからです。 誰でも、自分のよいところを見て、暮らしたいものです。 そこをあえて、見たくな…

検索していく先の世界

自分のパソコンやスマートフォンの、検索履歴を見たことありますか? 消去する設定になってなければ、自動的に表示されてしまうアレです。 私個人については、月単位や年単位で変化をみていくと、 検索内容が変わっていることに気がつきます。 そのときに興…

段階を上がること

「やっとホンモノの光がわかった!」と思い、次の段階に進みます。 次の段階では、もっと難しい光と闇を見分ける試験が待っています。 テスト用紙が配られるわけではなく 気がついたら、何か考えるべき事がやってきて、 自分の選択の結果で、何かが与えられ…

ホンモノとニセモノの区別

「自分こそ光」と言ってくる存在 のすべてが光ではありません。 本当は闇だけど、光の衣を着て、きれいな言葉をささやく存在もたくさんいます。 「どうやって見分けたらいいか?」 話の内容を、しっかりと、読み込んで、感じて下さい。 どこかでおかしいと感…

セラピストの存在

自分が今どんな状態にあるかを、横で見つめて、支えてくれるセラピストも必要です。 支配が強すぎないひと、 クライアントさんの歩みを尊重できるひと 審判者としての経験があるひと セラピスト自身が進化の途上にあることを理解し、人としての限界を知って…

家族の存在

自分自身がニセモノの光にとりこまれることの続きです。 家族は、共同生活者です。 一緒に暮らしていると、共同生活者は、ほんの少しの変化も感じ取ります。 ですから「家族を嘆き悲しませてまで、行うべきことなのか?」 と考えるのは、 軌道修正のためのひ…

自分自身がニセモノの光にとりこまれること  

ある日、突然、私は自分の意見を強く主張しだしました。 「よいこと」なのだから、受け入れられて当然、何故わかってくれないのだ くらいに思っていました。 家族から、次々と、反発をくらいます。 身近な存在だから、反発されると落ち込みます。 落ち込みな…

セラピスト間にある異なる意見

セラピーを受けるようになったあとで、 セラピストの人の間にも、異なる意見があるのにも、驚きました。 私は単純なので、 みな、仲良くしていて、 意見はひとつなのだと思い込んでいたので。 Aさんの話を読んで、Bさんの話を読むと、違うことが書いてありま…

よきこと(善きこと)を言う人

よきこと(善きこと)を言う人が、本当の光と近いとは限りません。 口ではよいことを話していて、理想家だけど、 実際はそのように生きていないときは、 分離に向かっていることになります。 自分の生き方が分裂しているからです。 また、 親にとってよいこ…

光と闇の定義

光と闇について、私の中での解釈を、書きます。 光 とは 統合を志向する存在です。 すべての経験を、 大いなるもの、 原初の存在、 に戻るためとして、統合を繰り返していく 闇 とは 分離を志向する存在です。 いちなるものから、 離れていくことで、 より違…

私こそ光という存在

初めて、新しい情報 これまでにない角度の話 に触れると、わくわくします。 それを、全部信じたくなります。 その新しさや、ユニークさと その情報が、より光に近いかどうかは、 別なのが、問題です。 さらに、 どんな情報も、情報元は、「私こそ光」と思っ…

陰陽師 第十三巻

京都御所建礼門 大きな目次は、相変わらず難しくて書き写せないので、 小さな目次のみ書きます。 十二巻の最後くらいから、読み進めるごとに、 世界が変わっていく、次元が上がっていく感じがします。 描かれている絵の美しさは、たとえようもないほど。 非…