人との境界線と生き方

人とマスクせずに、会話していた時期の話です。その時でも、エネルギーの出入りはありました。

生き方の癖(くせ)

今回生きてきて、身につけた生き方のくせだけではなく、 過去の転生で生きた時のくせが、内側から自分の一部として表面化することもあります。 それは単なる面倒なトラブル、ではなく、今このタイミングで認識して癒すことで、 自分をより深く知ることにつな…

エネルギーのひも

気がつかないうちに、不健全なエネルギーのひもが、他の人との間に結ばれていることもあります。 そのままにしておくと、自分のエネルギーが枯れてしまいます。 そのときは、不健全なエネルギーのひもを見つけて、外してあげることが大事です。

エネルギーの出入りの結果

ふと気が付いた時には、 本来の自分が望んでいない生き方をしていることや、 誰かに、常にパワーを抜かれていることもあります。 これらは、日常生活に入り込んで、慣れてしまっているため、 トラブルがない限り、表面化せず、気が付きにくいものです。 みな…

人でない存在

人だけではなく、いろいろな肉体を持たない存在からも しょっちゅう働きかけがあります。 「そんなことが?」と思うかもしれません。 本やテレビや映画を見ることで、頭の中で考えていることが変わることはよくあります。 それも、人でない存在からの働きか…

心地よい適度な距離

人には、それぞれほかの人との間の心地よい適度な距離感=境界線があります。 近すぎると苦痛、離れすぎるとさみしい。 人と人との間にある境界線は、 お話したり、 視線を交わしたり、 誰かのことを思考したり、 喧嘩したり、 いろいろなきっかけで、形が変…