LIFE LOGあゆぽんのアセンション記録

あゆぽんのアセンション記録

ふつうの暮らしで進化をめざします。

人との距離感

オンラインでつながる相手の選択と次のステップ

次にテーマとなるのが、「誰とオンラインでつながるか」です。 自分の興味のある「人」、「もの」にしか、時間はつかえません。 今の自分が接触する人が、今の自分にふさわしい人です。 しっかりとその時間を感じて、体験することで、 同じ人とつながり続け…

オンラインの役割

生まれたときから、死ぬときまで、人はひとりでは生きられません。 身近な人=家族に深く関わりながら、そのほかの人との距離はある程度保つのが、これからの社会で求められていることです。 それでも、家族以外とも話したい、違う世界のことも知りたいです…

オンラインと対面の違い

直接会えないから、オンラインでの対話も増えてきています。 オンラインでは、感染症はうつりません。 相手から流れ込む考えや感情については、 オンラインだと、 対面(同じ空間で直接会うこと)よりは、確実に少なくなると感じています。 でも、ゼロではな…

近い距離にいるとその結果起きること~その②~

感染症はわかりやすい病気として、表れます。 それ以外にも、相手の方の抱えている様々な考えや、感情も流れ込みます。 喜びや、悲しみ、怒り、恐れ、などなど。 誰かと話した後、元気になったり、疲れたりすることも、感情が流れ込んだ結果のひとつです。

近い距離にいるとその結果起きること~その①~

これまでよりも、エネルギーの境界線が薄くなっています。 そのため、短い間の接触でも、相手のエネルギーを自分の中に取り込みやすくなります。 相手の方に感染症があれば、それが自分に流れ込みやすくなります。 だから、「距離を保ちましょう。」というこ…

何が起きているのか

今は、同じ地上に立っている人でも、その人の状態によって、違うステージに立っています。 「違うステージ」を「違う次元」と言いかえてもいいです。 例えば、100人の人がいたら、100パターンの次元があります。 普通の日常生活なら、2メートルの距離をたも…

人と人との間

新しい生活様式では、「人との距離を2メートルくらい開けましょう」となっています。 以前はもっと近くにいても大丈夫だったのに。 2020年は、人と2メートル以内に近づくのは避けて、不要な会話はなるべく減らすようにと変わりました。 私たち人としてのあり…