嘘の多さ、真実の大切さ

次の試験

自分を深く知ることができて、 本当の自分を最上級のものから、最下層のものまで見尽くして、 それらを統合することを目標に生きると決めたとき、 次のステップがやってきます。 自分の真実を表現することは、誰かの望みと相反するかもしれません。 それでも…

自分自身の真実に生きること

自分自身の真実に生きることは、意外と難しいことです。 何故なら、人は、自分のことを、本当に深くは知らないからです。 自分が何者であるか、 何が好きで、何が嫌いか、 好きなふりをしているけれど、本当は嫌いなことは何か、 嫌いなふりをしているけれど…

経験と選択の順序

自分の選択が変わるのは、 変化するに十分な経験を積んだ後であり、 変化を強いられても、変えられるものではありません。 変化を強いられると、かえって、怒りがわくものです。 エネルギー、内側が変わって初めて、人生の選択を変えることができます。 逆で…

自分の内側の問題

どんなに高い光の情報が与えられても、 自分の中に隠れた問題があると、 ゆがんだ解釈になってしまいます。 みな、今回の人生や、過去の転生においての、 感情的ブロックが、 筋肉や骨に記憶の痛みが、 隠れているから、 それを、消化、浄化しないと、 違う…

実際の試験

このように書いていると、 「本当にそのことをわかっているか?」というお試し、試験が来ます。 こうやって書くことは、まず、自分が体験させられます。 そうでないと、嘘になりますから。 「自分の受け取りたくないことを受け取るときの、体の抵抗」も、 改…

個人レベルでできること

私たち個人にとって、自分が知る世界、見える世界が、自分にとっての世界です。 私たち自身が世界であるならば、 「自分の中の真実を掘り下げて、 自分自身の真実の姿を見つめ、 自分の闇をも含め、光に換えていくことが、 この世界の構造を変えること。」 …

自分の真実とは

嘘の巨大さに、無力感や怒りを覚えたことも、あります。 一方で、感じたことは、 「自分が変えられるのは自分だけ」 だということです。 つい、自分は変わることなく、 周囲が、世界が変わることを期待してしまいますが、 そうなることはありません。 自分自…

何が嘘なのか 

自分の視点が変わり、視野が広がるにつれて 私が驚いたのは、これまで信じてきた世界の嘘の多さでした。 親の言うことに子は常に従うべきである とか 親の望んだ職業に子は就いた方が幸せだ とか 映画やTVは時には洗脳装置として機能している とか 病院に行…