ぜんそくの診断と子育て

 

f:id:ayupom7:20210207100349j:plain

 

夜になると咳が出て、うまく眠れなくなりました。

 

もともと小さい子どもの世話でよく眠れない日々だったので、いつからひどい咳で眠れなくなったのかも覚えていません。

 

風邪だと思い対処しますが、治らず。

 

半年ほど病院を転々として、ぜんそくという診断がつきました。

 

f:id:ayupom7:20210207100413j:plain

 

定期的な通院と、薬の管理という、新しい生活が始まりました。小さい子どもを育てながら、自分の体に向き合います。

 

ただひたすら、目の前のことに追われていて、あまりこの頃の記憶はないです。

 

 

子どもの成長と共に、いろいろな子どもとの間の問題が出てきます。

 

それにも対処しながら、ぜんそくとの付き合いは続いていました。

 

f:id:ayupom7:20210207100440j:plain

 

5~6年経って、以前よりは、ぜんそく発作で、点滴を受けることは減りました。

ぜんそくの吸入薬で、予防とコントロールができているようです。