セラピストの日常

 

f:id:ayupom7:20210206190400j:plain

 

私の通っていたセラピストさんは、光の言葉を下ろせて、適切な対応をできるので、私の憧れの人でした。

 

きっとそんな人は、人生万能感で満ちていると想像していました。

 

そこで、そのセラピストさんに、どんな日々を送っているのかについて聞いてみました。

 

すると「いや、毎日泣いてる」と言われました。

 

より高い光の情報にアクセスできれば、楽をできるわけではないことには、驚きました。

 

憧れのセラピストさんのように進化したところで

 

「決してなにもかもが満たされて、課題が消えるわけではない」

「より厳しい毎日が待っている」

 

 

それでも、

「いつかその人のように、直接光から厳しい言葉を受け取れる自分になりたい」

という思いは、変わらず。

 

自分の中にそんな強い意志があることは、初めてのことでした。

 

 

この「新しい内側の自分~過去の話~」は、2000年から2012年くらいまでの間のことです。

 

駆け足でアウトラインだけ、書いてみました。

 

ちなみに、

動物園にいたときに入ってきた存在と、

野宮神社で参拝していたときに入ってきた存在は、

時期も離れているし、別の存在です。