陰陽師 第一巻

 

f:id:ayupom7:20210208070826p:plain

 


 読み直すたびに、実際の古典を読んで、勉強した方がいいだろうなと思うのですが、やってません。。。

 

毎回新しい発見もあります。

 

今回は、平安前期の文人、「紀長谷雄」が一コマだけ、晴明の言葉の中に登場していたことを発見!今まで、読み飛ばしていて、頭の中に入っていなかったみたいです。

 

歴史の教科書に出てくる人々が、生きていて、行動するので、その人たちがなんだかとても身近に感じてきます。

 

醍醐天皇

伴善男、中庸

菅原道真

藤原時平

 

そして、安倍晴明

源博雅

 

私たちと同じように、見えない未来に迷いながら日々を送っています。

 

わからないから、不安だから、陰陽師や僧侶に頼りたくなります。

 

そこで、皆の思いつかない回答を、晴明が出していきます。

 

ああ、解決して良かったですね。で、終わらないのがミソです。

 

ひとつひとつの出来事が、なにかもっと大きな出来事の前触れのようなワクワク感と怖さがあります。

 

~この巻の極意集~

 

世界一短い呪は、名前

モノには生命が宿る

優しいコトバほどよく効く呪はない

 

~~~~~ 

 

 

このころの御所は、今ある京都御所と場所が違う所にあるのですね。

何度も火災で消失した後で、1331年に今の場所に正式に内裏として定められたとか。

 

そんなことも、知らなかった私。

このときの御所のあった場所の一角に、昔住んでいたのですが、ホントに知らないってもったいない。

知っていれば、もうすこし、歩き回っておいたかな。

晴明神社も近くにあるから。

 


陰陽師 1 (ジェッツコミックス)