感情のかたまり

 

f:id:ayupom7:20210213175031j:plain

 

 

自分自身が感じやすい感情には、ある一定の傾向があります。

 

それを知ることで、次に同じ感情がわき上がってきたときに、

過去の自分と照らし合わせることができます。

 

感じる主体である、自分はいつも同じポイントにいるので、

自分で、自分を掘り下げて変化を選択しない限り、

 

同じ感情を感じ続け、同じ場所をぐるぐると回ることになります。