私こそ光という存在

 

 

f:id:ayupom7:20210225211507j:plain

 

 

初めて、新しい情報

これまでにない角度の話

に触れると、わくわくします。

それを、全部信じたくなります。

 

その新しさや、ユニークさと

その情報が、より光に近いかどうかは、

別なのが、問題です。

 

さらに、

どんな情報も、情報元は、「私こそ光」と思って話しています。

だから自分の出す情報は良いものと信じて、話してきます。

 

 

とても大切なことなので、もう一度繰り返します。

 

 

伝えられた情報の新しさ

ユニークさ

善意の度合い

 

 

情報の中身の精度

光への近さ

 

は全く相関がありません

 

本当に光の情報かどうかは、

受け取る自分が、

内容をよく感じて、考えることが大事です。

 

情報を伝えてくれた人の話に矛盾はないか

とか

その人の生活自体から、ほころびが見えないか

とかの

観察に時間をかけることは、

自分自身を守るために、必要な、大切なことです。