よきこと(善きこと)を言う人

 

f:id:ayupom7:20210225213804j:plain

 

 

よきこと(善きこと)を言う人が、本当の光と近いとは限りません。

 

口ではよいことを話していて、理想家だけど、

実際はそのように生きていないときは、

分離に向かっていることになります。

 

自分の生き方が分裂しているからです。

 

また、

親にとってよいことが、

子どもにとってはよいことではないことは、よくあります。

 

これは、親子であっても

それぞれ違う存在で、

それぞれの役割のあることを、

お互いにどこまで尊重できるか?という問題です。

 

ある人にとっては正義のことも、

他の人には、苦痛であるように、

善いことの陰に潜むものも、見ていく必要があります。