セラピストの存在

 

f:id:ayupom7:20210226074704j:plain

 

 

自分が今どんな状態にあるかを、横で見つめて、支えてくれるセラピストも必要です。

 

支配が強すぎないひと、

 

クライアントさんの歩みを尊重できるひと

 

審判者としての経験があるひと

 

セラピスト自身が進化の途上にあることを理解し、人としての限界を知っていること

 

 

 

どのセラピストさんを選んで、歩くかで、道のりは違うものになります。

 

だから、セラピスト選びは大切です。

 

この人は、違うなと思ったら、離れる自由はあります。

 

もっと、今の自分に合うセラピストを探せばよいのです。