経験を積んだ人にたずねる意味

 

 

f:id:ayupom7:20210328203846j:plain

 

 

多次元の世界について、話を聞くときは、

 

自分より先を歩き、

広い世界を知っていると思う人に、

 

聞いた方がよいです。

 

人は自分が歩いた経験の中でしか、語ることはできません。

 

より広い視野を持つ(人でない)多次元存在に

情報を教えてもらいながら、歩くという側面はあります。

 

一方で、私たちは、地上に足をつけた人であるという制限、限界を抱えてい ます。

 

人としての形態を保ちながら、到達できた地点が大切なのであって 、

そのためには、多次元の存在だけでなく、

少しでも先を歩いている人に尋ねることも、大切です。

 

この人は先を歩いてそうだと思ってコンタクトしても、たまには、間違えます。

 

白いTシャツを着ていても、

支配をする人。

 

黒いTシャツを着ていて、冷たいように見えても、

実は、本人の選択を優先して見守る人。

 

それも、経験の一つです。

 

 

次は違う人を探せばよいのです。

 

全ては経験のひとつなのだから。