私自身の痛い記憶

f:id:ayupom7:20210408194718j:plain

 

ずいぶん昔のことですが、私には当時つきあっていた異性がいました。

正式に仲間内では、つきあっている二人と認識されていたと思います。

そして当時、私は私なりに、彼のことが好きでした。

 

そして、彼は、いまひとつフラフラしたところのある人でした。

私がいながらも、ほかの女性と、沢山話すし、そのことを私にも伝える人でした。

そして、私はそのことを、とても嫌だと感じていました。

 

その話の中に、これから出てくるAさん(女性で、彼と私の共通の知り合い)の名前もありました。

 

ある日、彼が私に言いました。

「この間、Aさんとコンサート会場で会ったのに、

 無視したそうだな。怒っていたぞ。」

というものです。

 

 

f:id:ayupom7:20210408194745j:plain

 

 

その時、私は、自分が確かにそのコンサート会場に行ったことを、思い出しました。

そして、そのAさんが、私に声をかけてきたこと、

さらには、私が思いっきりわかりやすく、彼女を無視している場面を思い出しました。

 

「そんなことはあったけど、あれって夢じゃないの?」

って、最初はまず思いました。

 

「夢」の部分は、その時、結構本気でそう思ってます。

 

しどろもどろになって、彼の前で歯切れの悪い会話をしていたことを覚えています。