次の試験

 

 

f:id:ayupom7:20210413191431j:plain

 

自分を深く知ることができて、

 

本当の自分を最上級のものから、最下層のものまで見尽くして、

それらを統合することを目標に生きると決めたとき、

 

次のステップがやってきます。

 

自分の真実を表現することは、誰かの望みと相反するかもしれません。

 

それでも、自分の真実を尊重して生きることができるのか。

他者の望みを尊重して生きるのか。

 

 

そんなところに、分離の種が潜んでいます。

 

世間的に、誰かにとって、良いことのために、

自分の真実を封印することで、

簡単に闇の入る隙間が生まれます。

 

光と統合していくときには、

それらを超越する答えを見つけていくことが必要です。