LIFE LOGあゆぽんのアセンション記録

あゆぽんのアセンション記録

ふつうの暮らしで進化をめざします。

メッセージ~私自身のチャネリング失敗の記録~

 

f:id:ayupom7:20211104080718j:plain

 

そんな中で、私は、ある日、肉体を持たない存在からのアクセスを受けます。

 

元々、メッセージを受け取りたいと思っている訳ですから、

有頂天です。

 

「私も、セラピストさんみたいに進化できた!」と思いました。

 

どんな存在であるか

内容は何か

目的は何か

話の細部におかしな所はないか

 

今なら、慎重に追求して、審査して、ある程度、保留をするのですが。

 

何も、追求せずに、受け入れてしまいました。

 

経験がないとは、そういうことです。

 

 

f:id:ayupom7:20211027161739j:plain



定期的にセラピーを受けていたので、

セラピストさんにも、ニコニコとそのことを報告しました。

 

電話でのセラピーなのですが、

電話口の向こうの空気が、なんだか変になったと思いました。

 

「あれ?」

「何か私、おかしいこと言っているのかな?」

 

セラピー自体は、普通通り終了しました。

 

でも、何かが引っかかります。

 

そのまま、セラピーを定期的に続けていたのですが、

私自身が根本的な変化を拒んでいるために、

セラピー自体が停滞するようになっていきました。

 

~~この間、半年くらい経過しています~~

 

 

f:id:ayupom7:20211027162027j:plain

 

 

闇のメッセージを語る私に対して、

セラピストさんは、さりげなく、

私にそのことに気づかせてくれ、軌道修正をしてくれていました。

 

それでも、何度も闇のメッセージに捕まる私。

 

セラピストさんとつながっている間だから、

まだ、比較的安全な中で、迷えていたのだと、今は思います。

 

 

後で思うと、

自分の中に一番の深い闇があり、

そのことを認めて、見つめて、

内面の闇との決別を自分が決めることしか、

光でないメッセージを遠ざける方法は、ありませんでした。

 

 

f:id:ayupom7:20211027162306j:plain

 

 

その決断の日を、

 

少しでも先延ばしをしたい、闇の私と

早く真実に向き合わせたい、光の私の間の

 

綱引きが、

私の中で、じりじりと続いていました。

 

 

そんな日々を一緒に歩いてくれた、

当時のセラピストさんには、

本当に感謝しています。

 

そして、そのセラピストさんに出会ったのは、

インターネットの検索がきっかけでした。

 

なので、

インターネット環境が整備されたこの時代に生まれたことと、

セラピストさんに出会わせてくれた光にも、

深く深く、感謝しています。