LIFE LOGあゆぽんのアセンション記録

あゆぽんのアセンション記録

ふつうの暮らしで進化をめざします

これまでの生き方の延長では、自分も家族も守れない現実

 

 

 

f:id:ayupom7:20211126110114p:plain

 

 

2020年は、1月から世界中に嵐が吹き荒れていました。

 

毎日コロナの感染者数が、ニュースで流れます。

ロックダウンがあちこちで起きます。

日常生活が、消えてゆきました。

 

 

そこで、救世主のように宣伝されたのが、ワ〇〇〇でした。

 

 

f:id:ayupom7:20211126110619p:plain

 

 

私自身は、なんとなくイヤだったため、

内側にたずねると、「ダメです。」との答えが来ました。

自分の方針は、決定です。

 

 

パートナーは、自分自身で考え中でした。

どちらかというと、大きな流れに流されることが嫌いな人だから。

これは、本人にお任せしておいて。

 

 

問題は、両親です。

 

高齢者ですから、春先に接種券が配られました。

 

救世主であるかのような宣伝がきいているため、

少しでもはやくに受けたがっています。

 

  • 成分がよくわからないこと
  • 将来的にどんなことが起きるかわからない
  • 少しでも、後にした方がよい

 

と、話しました。

が、無理でした。私の話は、スルーされました。

 

チケットを持って、自分で行ってしまいました。

残念ですが、それも本人の選択です。

 

 

 

成人したこどもたちにも、同じような接種券の波が来ました。

それぞれに、伝えるべきことは伝えて、

あとは、見守ることにします。

(本心では、どんな選択をするか、はらはらしてました。)

 

 

 

 

両親は、少しの副反応があったようですが、

とりあえずは、自分で歩いています。

結果、秋になっても、まだワ〇〇〇の宣伝の中にいて、

真実を探そうとする様子はありません。

 

しょうがないので、相手のありのままを、ただ受け入れるモードの私。

 

 

f:id:ayupom7:20211126111048j:plain

 

 

「はい、3回目やります。」

とアナウンスされていますね。

 

私、しぶしぶ腰を上げました。

今のままの頭の中では、両親は、

進んで、喜んで、3回目のワ〇〇〇を申し込みます。

 

ゆううつだけど、取り組まないと。

 

両親の頭の中を変えないと、行動は変わりませんから。

 

 

いろいろ話しても、テレビを信じているため、ダメでした。

ツイッターもやらないし。

 

そこで、

ameblo.jp

 

の記事を読んでもらいました。

 

やっと、「少し考えてみる。すぐには受けない。」

と言ってくれました。

 

 

この家庭内の静かな戦いは、まだまだ続きます。

 

  • 神経をすり減らすようなじりじりとした時間と
  • 相手の全部を受け入れモードの

 

両方の日々を送っています。

 

じりじりとした時間の戦闘モードばかりだと、

お互いに疲れるし、怒りがわいてしまうので。

 

基本おだやかに過ごしてから、

ときどき、話し合います。

 

 

家族の分裂に、皆が向き合っています。

 

 

 

(最終更新日2021年12月3日)