LIFE LOGあゆぽんのアセンション記録

あゆぽんのアセンション記録

ふつうの暮らしで進化をめざします

増えていく赤ちゃんの予防接種~どんな情報をもとにこどもを守るか~

 

 

 

f:id:ayupom7:20211126104538j:plain

 

 

2000年くらいに赤ちゃんの予防接種を、

自治体から案内のあったとおりに、受けていました。

言われた通り、真面目に受けることがよいことだと、

当時は信じていました。

 

====================================

 

ポリオ、DPT(ジフテリア、百日咳、破傷風)、BCG、

はしか、風疹、日本脳炎が、通常接種でした。

 

水痘、おたふくかぜ、インフルエンザ、B型肝炎が任意接種でした。

 

出典:国立感染症研究所ホームページ

https://idsc.niid.go.jp/vaccine/dschedule/Immjp01.gif

(2021年11月28日に利用)

====================================

 

 

それから、20年近くたったある日、

小児科に行って、予防接種の案内を見ました。

「なんだか、数が増えている。。。」

 

====================================

 

ポリオ、DPT(ジフテリア、百日咳、破傷風)、BCG、

はしか、風疹、日本脳炎が、通常接種でした。

 

Hib、肺炎球菌、インフルエンザ、水痘、おたふく風邪、

B型肝炎、A型肝炎、HPVが任意接種になりました。

 

昔はなかったA型インフルエンザHAワ〇〇〇も、追加されています。

 

出典:国立感染症研究所ホームページ

https://idsc.niid.go.jp/vaccine/dschedule/Imm10-03JP.gif

(2021年11月28日に利用)

====================================

 

20年近くたって、任意接種の数が、増えています。

 

未成年のこどもを、守り、育てるのは、親の役目です。

勉強しないと、守れない時代になっています。

 

 

さらに今、新しくコロナワ〇〇〇の対象を、

5才から11才までに拡大することが検討されています。

 

すでに、コロナワ〇〇〇の対象は、12才以上に拡大されています。

 

HPVワ〇〇〇の推奨を、再開する動きがあります。

 

HPVワ〇〇〇については、2009年から推奨が行われ、

多くの副反応の報告が、あげられています。

それらは、インターネット上では、すぐに消されてしまいます。

 

過去のインターネット上のHPVワ〇〇〇副反応の記事を

さがしても見つけられないのは、

消去されているからかもしれません。

 

むしろ、HPVワ〇〇〇を推奨する記事ばかりが、

上位に表示されていると思います。

 

その意味を、よくよく考えてください。

 

 

未成年のこどもを、守り、育てるのは、親の役目です。

たくさんのことを、勉強し続けないと、こどもを守れない時代になっています。

 

 

ワ〇〇〇を提供する側は、

私たちひとりひとりの体質や体調を、知りません。

 

誰よりも、家族のことを知り、

体調不良の家族のことをケアするのは、

私たちです。

 

 

会社は、存続のためには、売り上げを上げることが、必要です。

製薬会社も同じです。

 

 

ワ〇〇〇の結果、

あなたや家族の体調が、ひどく変わっても、

誰も、あなたや家族と、身体をとりかえてはくれません。

 

成長期の子たちに、

不要な〇との戦いの日々を、送らせる可能性があります。

 

 

自然免疫をもっと信じていいと思います。

 

ワ〇〇〇の同意書へサインをする前に、

同意書の内容をすべて読んでください。

 

慎重に、慎重に考えて、自分と家族の身体を、守って下さい。

 

 

(最終更新日2021年12月2日)