LIFE LOGあゆぽんのアセンション記録

あゆぽんのアセンション記録

地球と私たちにとって大切な今の時期に、ふつうの暮らしで進化をめざします。

夢の中の思い出

 

f:id:ayupom7:20211214182128j:plain

 

何年前か忘れましたが、こんなことがありました。

 

夜におふとんで、眠っていました。

横には、家族も眠っています。

 

ふと、身体に衝撃を感じて、夢の中で目を開けます。

 

誰かが、私と同じ場所にいます。

今まで見たことのない存在で、男性みたいです。

多次元の存在で、マスターっぽいかな。

 

男性「こんな波動の低いところにいられるか!帰るぞ!」

 

私(うわ、めちゃめちゃ怒ってるわ~。帰るってどこに??)

 

私「いや、私、まだ小さい子どもがいるんです。もう少し、いさせて下さい!」

 

直感で、

(この返事次第で、地球を離れることになりかねない)

と思ったので、全力でお願いします。

 

男性「ふむ、しょうがないな。」

 

私(意外と人情あるかも)

 (でも、私の体はバキバキで、めちゃめちゃつらい。。。)

 

ぐらいで、目が覚めました。

 

f:id:ayupom7:20211214182821j:plain

 

誰であるかは、そのうちわかると思うので、そのときは確定させません。

あせると、違う情報をつかんでしまいかねないし。

 

私にとって大切なのは、

その存在が、

私を導(みちび)く光なのか、

光のふりをして、どん底に落とす闇(やみ)なのかということです。

 

その後の自分の生活の変化を見ながら、観察を続けます。

 

もちろん、誰にも言いません。

 

私の内面で起きたことは、私にとっての大切な思い出であり、秘密です。

まだ新しい存在とのつながりが、不安定な状態で、

他の人の解釈や判断を入れたくないからです。

 

私が、これまで通り暮らしていれば、

他の人は、家族であっても、

私の内面で何が起きているか

気がつくことは、ありません。

 

この状態なら、

もし、新しく来た存在が、私を害するとわかったら、

すぐに追い出せます。

(これまで、一緒にいた存在と協力すれば、大丈夫です。)

 

自分が乗っ取られるほどに闇が憑依(ひょうい)してしまったときは、

周囲の人には、隠せないという形でバレます。

(光は、自由意思を尊重し、自立をさせるため、本人を乗っ取ることはありません。)

 

そういうときは、信頼できるセラピストさんに、

チェックしてもらって、

助けてもらうのもいいです。

 

 

沈黙を守れる程度に自分を保つことができて、

周囲の人間関係が変わらなければ、

元通りの日々が流れていくだけなので、

新しい存在と向き合っていても、比較的安全に過ごせます。

 

いきなり、

「マスターが降りてきた!」と言って、

マスターの言葉をつらつらと話し始めたら、

周囲は、普通は引きますから。

 

自分の人間関係と安全を保つことが、ゆっくりと変化する空間を作ります。