LIFE LOGあゆぽんのアセンション記録

あゆぽんのアセンション記録

ふつうの暮らしで進化をめざします

子どもに関する感情

 

f:id:ayupom7:20211215201436p:plain

 

20代の頃の話です。

休日の会社に、会社の人たちが集まっていました。

私の隣の席に座っている女性Bさんが、5才くらいの子どもを連れてきています。

 

女性社員は皆、「かわいい~。」と喜んでいました。

私は、「うん、かわいいね。」と言っていました。

(周囲に合わせているだけで、本心から言っていません。。。)

 

そこでの、Bさんと私の会話です。

Bさん「あゆぽん、ほんとは、子ども嫌いでしょ~。」

私「え、なんでわかるの!私、みんなみたいにかわいい~と思えないんよね。」

Bさん「私もそうだったから、わかるの。他の人の子どもはかわいいと思えなくても、自分の子どもは別だから!大丈夫!」

私「そおかなあ~?」

 

人生の先輩に、「大丈夫!」と太鼓判を押されたので、

それを信じることにしました。

 

そのことへの答えは、自分の子どもに会ったときにわかるということで。

 

f:id:ayupom7:20211215201852p:plain

 

その後数年後に、自分の子どもに会ってみたら、

無条件にかわいいと思うことができました。

 

ここでひとつの疑問が出てきます。

未婚の私がなぜ

「子どもをかわいいと思えない」という感情を持っていたかということです。

 

そんなところに、過去の自分の転生を知るヒントがあります。