LIFE LOGあゆぽんのアセンション記録

あゆぽんのアセンション記録

ふつうの暮らしで進化をめざします

たいていの場合、人は困ったことがないと変化を選択しない(2)

 

たいていの場合、人は困ったことがないと変化を選択しない(1)の続きです。

 

 

前回も書きましたが、

困ったことが起きるときのパターンとして、

 

  1. 人生であらかじめ決めてきた、自分自身のプログラムのひとつ
  2. よろしくない存在が入り込み、本人にとって悪いことをしている
  3. より大きな蟻地獄(ありじごく)が迫(せま)っていることに、気がつかせたいガイドのはからい
  4. 進化の前のつまずきのひとつ~識別(しきべつ)のために~

 

などがあります。

 

今回は後半を、順番にみていきます。

 

 

 

 

3.大きな蟻地獄(ありじごく)のような危険が迫(せま)っていることに、気がつかせたいガイドのはからい

 

人生に起きることは、バイオリズムのような曲線を描くことがあります。

 

まず、おおきなつまずきを感じる出来事が起きます。

 

その試練をくぐりぬけて、

次のステップで上昇するチャンスを得られることがあります。

 

(ちょうどよい画像がみつからなくて、頭の中のイメージを画像にしました。)

 

f:id:ayupom7:20220123115114p:plain

 

この最初に落ちていく段階で、状況を正確につかむことで、

落ちる深さを浅くするチャンスがあります。

 

 

 

 

f:id:ayupom7:20220123115159p:plain

 

落ちる深さを浅くして、学ぶべき事を学ぶことで、

その後の上昇にスムーズにつなげることができます。

 

こんな言い方もできます。

 

大きな転び方をする前に、小さなシグナルで、

その先に起きることをキャッチできれば、

大けがを防ぐことができます。

 

 

上昇した後は、再びゼロ地点に戻り、

次の変化、試練にそなえます。

 

 

そうして、らせんは、回転していきます。

 

 

 

4.進化の前のつまずきのひとつ~識別(しきべつ)のために~

 

 

f:id:ayupom7:20220123105141j:plain

 

 

光と闇を見分けることは、とても難しいことです。

 

 

高みに上れば、上るほど、闇の力も増し、

 

光のふりをしてやってくるからです。

 

 

闇にしか思えないつらい経験をして、それでも、

 

その中から、光の学びを見つけ出すことで、

 

次に同じ経験をしたときに、

 

何が光で、何が闇であるのかが、わかるようになります。

 

 

 

 

そういう試練をくぐりぬけ、

 

識別能力(しきべつのうりょく)を身につけたとき、

 

より高い光の存在が降りてきます

 

 

 

「光と結びつきたいという結果」だけを、求めにいくと、

ニセモノの光をつかんでしまいます。

 

いろいろな存在が、飛び交っているのが、宇宙空間だからです。

 

 

地道に試練に向き合い、光と闇の両方の経験を統合していくことが、

一番の着実な道です。

 

 

 

 

 

変化をしいられると、つらいです。不愉快(ふゆかい)です。

 

それでも、そこにどのような解釈と行動をとるかで、

進化のらせんをのぼる機会とすることができます。

 

 

 

 

音叉を使った遠隔ヒーリングを
Tuning Forks Healingとしてご案内しています。
https://tfhealing.shop-pro.jp/
よろしければ、ご訪問ください。